Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)-iPhone・iPadボードゲームアプリレビュー


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)は、目的地の間の路線をつなぐ、鉄道と旅がテーマのボードゲームです。個人的に非常におすすめのボードゲームです。
¥840
1-5人用(マップごとに違いあり)
iPadアプリ
iPhone版:Ticket to Ride Pocket – Days Of Wonder, Inc.(アメリカマップ)
Ticket to Ride Europe Pocket – Days Of Wonder, Inc.(ヨーロッパマップ)
オンライン・オフライン対戦

ゲームルール概要

目的地カードを引き、そこから何枚か選びます。

自分の手番が来たら路線カードを引くか、列車を置くか、目的地カードを引くかを選びます。

路線カードを引く場合、裏側になった山札か、表向きになった路線カードから2枚引きます。表向きになった路線カードから、レインボーを引いたときは2枚引いたことになります(アメリカマップの場合)。

列車を置くときは、路線カードと同じ色の線路に同じ枚数必要です。

最終的に得点がもっとも大きかった人が勝利。
得点は、
目的地をつなぐ
列車を置く
最長路線(アメリカマップの場合)
で入ります。

ルールがマップごとに違いますので、それぞれのマップをプレイするときに確認してください。Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)のアプリでは日本語の説明があります。

プレイ動画

・Ticket to Ride(乗車券)のプレイ動画(アメリカマップ)

・Ticket to Ride(乗車券)のプレイ動画(ヨーロッパマップ)

・Ticket to Ride(乗車券)のプレイ動画(スイスマップ)

・Ticket to Ride(乗車券)のプレイ動画(アジアマップ)

レビュー

コンピュータ戦だけでもかなり楽しいですが、オンラインにも人が多く、対戦に困りません。追加課金でヨーロッパ、スイス、アジアマップがあります。私は全部買いましたヾ(´ー` )ノ

正直、列車を置いて路線を繋げているだけでも、なんだか楽しいボードゲームです。人数が少ないと、ガチンコですが、人数が増えると不確定要素も増えて、良い感じの対戦になると思います。

個人的におすすめのボードゲームです。アプリとしてもリアルなボードゲームとしてもおすすめ。実際に私はアプリもオリジナルのボードゲームも持っています(‾▽‾@)♪♪♪

オリジナルのボードゲーム・カードゲーム

Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)には、様々なマップがあり、それ単体でゲームが楽しめます。拡張ではないため、相互に組み合わせて遊ぶことはできません。

それぞれのマップでかなり違いがあります。

Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)のアプリ画面

2013-10-24 16.30.17

2013-10-24 16.30.42

2013-10-24 16.30.47

2013-10-24 16.30.54

2013-10-24 16.31.05

2013-10-24 16.31.44

2013-10-24 16.35.31

2013-10-24 16.36.16

2013-10-24 16.40.04

2013-10-24 16.41.16

2013-10-24 16.41.31

2013-10-24 16.41.40

2013-10-24 16.42.05

攻略メモ

個人的攻略メモです。平均、アメリカマップだと140以上は取れるようになると思います。

・ゲームの目的
Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)の目的は点数を稼ぐことで、目的地をつなぐことではない点に注意してください。目的地を繋げば勝利に近ずくことは間違いありませんが、大切なのは限られたリソースで最大の点数を取ることです。

・効率よく点数を稼ぐ方法
Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)でもっとも効率的に点数が稼げるのが、列車カードを使って列車を配置した時です。特に長い路線ほど、点数が高いのです。

これを知っていると何が良いかというと、自分が目的地をつなぐ時に、長い路線を選ぶことで効率よく点数が稼げるということです。回り道をしてでも、長い路線を選んだ方が点数を稼ぎやすくなります。ただし、回り道をしすぎて、目的地を繋げなくなってしまっては本末転倒なので注意してください。また、他のプレーヤーも長い路線を取りたがることが多いため、長い路線は中盤に優先的にとっておくことをおすすめします。

序盤に、相手の邪魔をして、キーポイントになりやすい路線を取るプレーヤーがいますが、Ticket to Ride(チケットトゥライド:乗車券)では、ドンピシャで相手の目的地カードの内容を当てない限り、無駄な一手になるので、個人的にはおすすめしません。そんなことをするなら、列車カードを集めた方が圧倒的に点数が高くなります。これは、オンラインで対戦している時の個人的経験からです。

・列車カードの取り方
私の場合は、基本的におもて面になっている列車カードから、手札と同じ色のカードを取るようにしています。手札と同じ色がなかったり、集めても意味のない色の場合には裏側の山札からカードを引きます。レインボーの列車カードについては、相当なことがない限りおもて面になっているカードから引くことはしません。リソースがもったいないからです。

最初に言いましたが、このゲームは点数を稼ぐゲームで目的地をつなぐゲームではありません。無理にレインボーカードで最短ルートを確保しなくても、回り道をしても良いのです。

以上の点を注意してゲームをプレイすると、オンラインでも結構勝てるようになると思います。最後のターンが終わった時に手札が3枚以下だと、かなり効率的にゲームがプレイできた証拠です。

ただし、アベレージ140以上をとっても、トーナメントなどの勝負では負けることがあります(ノ_・、) 相手の目的地カードが良すぎる時です。私は実際に2回プレイして、2回とも140点越えをしましたが、負けました(笑)


About boardgamelove