Shadows over Camelot(キャメロットを覆う影)の個人的インストメモ


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

ボードゲーム「Shadows over Camelot(以下、キャメロットを覆う影)」のルールを実際にプレイする時にインストするための個人的メモです。厳密なルールについては、説明書でご確認ください。

キャメロットを覆う影とは

キャメロットを覆う影は、アーサー王と円卓の騎士になり、迫り来る脅威を乗り越えていく協力型のボードゲームです。裏切り者を入れて遊ぶのが通常ルールですが、初めての方ばかりの時は、裏切り者を入れないでプレイするのがおすすめです。
プレイ人数は3人〜7人です。

下記内容をざっくりとまとめた個人的なインスト用のPDFです。
Shadows over Camelot(キャメロットを覆う影)のスペシャルカード一覧など.pdf

ゲームの目的

勝利条件

ボード上に書かれている円卓の上の剣が12本以上配置されたとき、白い剣の数が半分より多ければ、アーサー王と円卓の騎士(プレーヤー側)が勝利します。同数では勝利できません。
剣はクエストをクリアすることで、得ることができます。
2014-10-17 22.44.53

敗北条件

1)キャメロット城の前に攻城兵器が12個置かれる(置かれた瞬間に終了)
2)ボード上の円卓に7本以上の黒い剣が配置される
3)プレーヤーが操っている騎士が全滅する

攻城兵器はこんな感じです。
2014-10-17 22.44.30

ゲームの準備

1)ボード上をつなげて配置。スペースによって配置を少し変えても良いと思います。
ボード全体はこんな感じです。
2014-10-17 22.43.40

2)エクスカリバー、聖杯、ランスロットの鎧のコマを、対応するクエストに配置。

3)各プレーヤーにアーサー王と騎士のカードをランダムに配布。受け取ったら、カードを表にして、対応した色の6面ダイス(サイコロ)を、Life Pointsの上に4の目を上にして置きます。これが自分の生命力です。ゼロになったら、ゲームに参加できなくなります。

こちらはアーサー王のもの。
2014-10-17 22.50.26

4)参加するプレーヤーの騎士ミニチュアを円卓の周りに配置します。騎士には色がありますので、その色と同じ場所に配置。

5)背表紙が白いカード(以下、白カード)から、マーリンを参加人数分取り出し、各プレーヤーに1枚ずつ配ります。
2014-10-17 22.47.49

残りの白カードをシャッフルして、各プレーヤーに5枚ずつ配り、ボード上に山札として配置します。

・初期手札のイメージ
2014-10-17 22.48.13

6)背表紙が黒いカード(以下、黒カード)をシャッフルしてボード上に山札として配置します。

7)背表紙が緑のカード(以下、緑カード)すべてをシャッフルして裏向きで配ります。配られたカードは、そのプレーヤーだけが見ることができます。使わない緑カードはボックスに戻しておきます。※初プレイ時など、裏切り者を入れない場合は、この段階で裏切り者を抜いておきます。

緑カードには、円卓の騎士側か、裏切り者かが書かれています。

こちらが円卓の騎士側です。
2014-10-17 22.48.27

こちらが裏切り者です。
2014-10-17 22.48.31

ゲームの流れ

ゲーム開始直後に行うこと

最初に、全プレーヤーは、手札から1枚のカードを選び、場に出します。このカードを、それぞれのプレーヤーに再配分します。
配分は自由でかまいません。1人のプレーヤーが全部をもらってもかまいませんし、1枚ずつ取る形でもかまいません。プレーヤー同士の話し合いで決めます。

次に、ファーストプレーヤーを決めます。アーサー王がいるときは、アーサー王から開始します。

ゲームの進行

プレーヤーの手番では以下の2つのフェーズがあります。
1)悪の進行フェーズ
2)プレーヤーの行動フェーズ

悪の進行フェーズ

以下の3つのアクションから1つを選び実行します。
・黒カードを1枚引く
・キャメロット場の前に攻城兵器を1つ配置
・生命力を1つ失う(ダイスの目を1つ減らす)

プレーヤーの行動フェーズ

以下の5つのアクションから1つを選び実行します。
・移動(円卓→クエスト、クエスト→クエスト、クエスト→円卓)
・クエストでアクションを行う
・スペシャル白カードをプレイする
・生命力を1つ回復する(ダイスの目を1つ増やす)
・裏切り者の告発(他のプレーヤーの緑カードをオープンさせる)(攻城兵器が6つ、または円卓上に剣が6本置かれていること。また、1ゲームに1回のみ)

生命力の回復は、同じカードを3枚(同じ数字のカード3枚や聖杯カード3枚)捨てる必要があります。

プレーヤーの行動フェーズでは、1生命力を1減らすことで、もう1アクション行うことができます。ただし、同じアクションはできず、1手番に1回だけです。

以上の2つのフェーズが終了したら、次の人の手番になります。

クエストのアクション

それぞれの場所では、以下ようなアクションを行うことが可能です。

キャメロット城

キャメロット城では、
・白カードを2枚引く
・攻城兵器を取り除く
のうち、どちらかのアクションが行えます。

「白カードを2枚引く」は、山札から2枚白カードを手札に加えることができます。ただし、手札が12枚以上ある場合には、引くことができません。

「攻城兵器を取り除く」は、8面ダイスを振って、攻城兵器を取り除けるかどうかの判定を行います。ダイスを振る前に、手札から好きな枚数の数字が書かれた白カードを場に出します。その数字の合計が、ダイスの出目よりも大きければ、攻城兵器を1つ取り除くことができます。
もし、ダイスの出目の方が大きかった場合、生命力を1つ失います。

黒騎士、ランスロット、ドラゴンの戦闘クエスト

黒騎士、ランスロット、ドラゴンのクエストでは、白カードを1枚、表にした状態で場に出します。
白カード、または黒カードがすべて配置された段階で、クエストの成否を判断します。
裏向きで出された黒カードはシャッフルしてから表向きにし、白カードの数字の合計と黒カードの数字の合計を比較し、白カードの数字の合計が黒カードの数字の合計よりも大きかった場合、クエスト成功です。同点は負けとなります。
クエストが成功した場合、盤上に書かれている成功報酬を受け取ることができます。負けた場合には、盤上に書かれている不利な状況が起こります。

白カードの配置には制限があります。
黒騎士のクエストでは、2ペアの組み合わせしか出すことができません。
ランスロットのクエストでは、フルハウスの組み合わせしか出すことができません。
ドラゴンのクエストでは、3組のスリーカードの組み合わせしか出すことができません。

・黒騎士のクエスト
2014-10-17 22.43.59

・ランスロットのクエスト
2014-10-17 22.43.50

黒騎士とランスロットのクエストは、ソロクエストで、1人しか参加することができません。また、クエストが終了する前にクエストから移動した場合、配置した白のカードはすべて捨て札となります。

ピクト人、サクソン人のクエスト

ピクト人、サクソン人のクエストでは、白カードを1枚、表にした状態で場に出します。
ピクト人、サクソン人のクエストでは、ストレートの組み合わせしか出すことができず、かつ、数字が小さい方から順番に出す必要があります。
白カードをすべて配置できた段階で、クエストは成功し、盤上に書かれている成功報酬を受け取ることができます。
また、ピクト人、サクソン人のミニチュアが4つ並んでしまったら、クエストは失敗し、盤上に書かれている不利な状況が起こります。
クエスト終了後、配置されたミニチュアと白カードを取り除きます。

・ピクト人のクエスト
2014-10-17 22.44.04

・サクソン人のクエスト
2014-10-17 22.44.08

エクスカリバーのクエスト

エクスカリバーのクエストでは、白カードを1枚、裏にした状態で捨て札にし、エクスカリバーを1マス自分の岸の側へ移動します。
エクスカリバーが、自分の岸に到達した時点でクエストは成功し、盤上に書かれている成功報酬を受け取ることができます。
また、エクスカリバーが逆の岸(凍った川岸)に到達してしまったら、クエストは失敗し、盤上に書かれている不利な状況が起こります。

・エクスカリバーのクエスト
2014-10-17 22.43.55

聖杯のクエスト

聖杯のクエストでは、白カードの聖杯カードを1枚、表にした状態で聖杯のスペースに配置します。

・聖杯カード
2014-10-17 22.51.45

聖杯カードは左側から配置していきます。次に配置する場所に、黒のカードが合った場合、黒のカードを取り除きます。
7つある配置場所を白カードの聖杯で埋めることができたらクエストは成功し、盤上に書かれている成功報酬を受け取ることができます。
また、7つある配置場所が黒カードで埋まってしまったら、クエストは失敗し、盤上に書かれている不利な状況が起こります。

・聖杯のクエスト
2014-10-17 22.45.20

クエストの成功と失敗

クエスト成功時

クエストが成功した時には、盤上に書かれている成功報酬を受け取ることができます。

2014-10-17 22.43.55

白い剣は、キャメロット城にある円卓に白い剣を書かれている剣の数だけ配置します。

白のカードは、書かれている枚数分、白のカードを山札から引くことができます。クエストを1人でクリアした場合には、カードを公開せずに、山札から引いてください。クエストを複数人でクリアした場合(クリア時にクエストの場所に居た騎士)、山札から引いたカードを公開し、自由に配布します。

ダイスは、書かれているダイスの数字分、生命力を回復します。生命力の最大値は6で、それ以上は増えません。また、複数の騎士でクリアした場合、全員が書かれた数字の生命力を回復することができます。

アイテム、該当のアイテムを取得することができます。アイテムは、エクスカリバー、聖杯、ランスロットの甲冑の3つあり、それぞれ1つしかありません。

クエスト失敗時

クエストが失敗した時には、盤上に書かれている不利な状況が起こります。
2014-10-17 22.44.08

黒い剣は、キャメロット城にある円卓に黒い剣を書かれている剣の数だけ配置します。

ダイスは、書かれているダイスの数字分、生命力を失います。また、複数の騎士がいる場合、全員が書かれた数字の生命力を失います。

攻城兵器は、キャメロット城に攻城兵器を配置します。

ランスロットのクエスト終了時

ランスロットのクエストが終了した場合(成功・失敗のどちらでも)、クエストボードをひっくり返し、ドラゴンのクエストに変更します。

黒のカード

悪の進行フェーズで引く黒のカードについて説明します。黒のカードは、黒騎士、ランスロット、ドラゴンのカード以外、引いた時に、すぐにオープンしてかまいません。

黒騎士、ランスロット、ドラゴンのカード

このカードを引いたら、カードをオープンして対応するクエストの場所に配置するか、またはカードを伏せたままで対応するクエストの場所に配置するかを選択します。伏せたままで配置した場合、白のカードを1枚引きます。もし、配置する場所がすべて満たされた場合、クエストの処理を行います。
また、ドラゴンのクエストが終了している場合は、ドラゴンのカードをオープンし、捨て札に置き、代わりに攻城兵器を1つ配置します。

・黒騎士のカード(計11枚。1が5枚、3が3枚、5が2枚、7が1枚。数字合計21)
2014-10-17 23.18.16

・ランスロット、ドラゴンのカード(計11枚。ランスロットは、1が4枚、3が3枚、5が3枚、7が1枚。数字合計35。ドラゴンは、5が4枚、7が3枚、9が3枚、11が1枚。数字合計79)
2014-10-17 23.18.35

絶望(黒い聖杯)のカード

このカードを引いたら、カードをオープンにして聖杯のクエストに配置します。また、聖杯のクエストが終了している場合、攻城兵器を1つ配置します。

・絶望(黒い聖杯)のカード(15枚)
2014-10-17 23.18.42

エクスカリバーのカード

このカードを引いたら、カードをオープンにしてエクスカリバーのクエストのエクスカリバーのミニチュアを、逆の岸(凍った川岸)に1つ移動させます。また、エクスカリバーのクエストが終了している場合、攻城兵器を1つ配置します。

・エクスカリバーのカード(15枚)
2014-10-17 23.18.24

ピクト人、サクソン人のカード

このカードを引いたら、ピクト人ならピクト人のクエストに、サクソン人ならサクソン人のクエストに対応するミニチュアを1つ配置します。

・ピクト人のカード(4枚)
2014-10-17 23.19.00

・サクソン人のカード(4枚)
2014-10-17 23.19.07

傭兵のカード

このカードを引いたら、ピクト人のクエストか、サクソン人のクエストのどちらかにミニチュアを1つ配置します。

・傭兵のカード(4枚)
2014-10-17 23.19.13

黒のスペシャルカード

悪の進行フェーズで引く黒のスペシャルカードについて説明します。引いたら、カードをオープンにしてください。また、黒のスペシャルカードは、効果を処理する前に、マーリンのカード3枚を使って捨て札にすることができます。マーリンのカードは、どのプレーヤーが出してもかまいません。合計で3枚になればOKです。

荒廃のカード

このカードを引いたら、聖杯のクエストに配置します。通常の絶望(黒い聖杯)カードとの違いは、配置されている白の聖杯カードを1枚除去した後に、このカードが配置される点です。もし、除去する聖杯カードが無かった場合には、このカードが配置されるだけです。
また、聖杯クエストが終了している場合は、攻城兵器を1つ配置します。

・荒廃のカード(2枚)
2014-10-17 23.19.33

昏き森(くらきもり)のカード

このカードを引いたら、カードをオープンして、聖杯クエストの横に配置します。このカードがある限り、聖杯クエストで白の聖杯カードを置くことができません。他のクエストをクリアした場合(攻城兵器以外)、このカードを捨て札に置きます。
また、聖杯クエストが終了している場合は、攻城兵器を1つ配置します。

・昏き森のカード(1枚)
2014-10-17 23.19.28

グィネビアのカード

このカードを引いたら、カードをオープンして、すべての騎士をキャメロット城に移動します。また、このカードを引いたプレーヤーの手番は終了します。
もし、ソロクエストに配置されている騎士がキャメロット城に戻った場合、ソロクエストに配置している白のカードをすべて捨て札にします。

・グィネビアのカード(1枚)
2014-10-17 23.19.50

アヴァロンの霧のカード

このカードを引いたら、カードをオープンして、場に配置します(円卓の近くが良いでしょう)。このカードが配置されている場合、クエストが失敗した時に円卓に配置される黒の剣が1本増加します。3本配置されるクエストの場合、4本配置されるということです。

・アヴァロンの霧のカード(1枚)
2014-10-17 23.19.43

モードレットのカード

このカードを引いたら、ピクト人かサクソン人のクエストのどちらかに配置します。配置されたクエストを成功させる場合には、通常の成功条件に加えて、1枚追加で5のカードが必要となります。つまり、通常は、1、2、3、4、5と配置すれば勝利できるクエストが、1、2、3、4、5、5と配置しなければ勝利できません。また、クエストが一度終了すると捨て札となります。

・モードレットのカード(1枚)
2014-10-17 23.19.20

ヴィヴィアンのカード

このカードを引いたら、場に配置します。このカードが場にある限り、白のマーリンのカードを使用することができません。攻城兵器以外のクエストを成功させた場合、このカードを取り除きます。

・ヴィヴィアンのカード(1枚)
2014-10-17 23.19.55

モルガンのカード

モルガンのカードは5種類あります。すべて効果が異なります。カードを引いたら、オープンにして、それぞれの処理を行ってください。

1)各騎士の生命力を1減らします。
2)1人の騎士が手札を3枚捨てます。もし、捨てなければ、全員がカードを1枚捨てます。
3)黒のカードを3枚引いて、処理します。この効果で引いた黒のカードはマーリンでキャンセルできません。
4)攻城兵器を2つ配置します。
5)1人の騎士が生命力を2減らします。もし、減らさなければ、全員がカードを1枚捨てます。

・モルガンのカード(5種類、各1枚)
2014-10-17 23.20.00

白のスペシャルカード

白のスペシャルカードは、プレーヤーの行動フェーズでプレイすることができます。

Convocation(召集)

このカードをプレイしたら、キャメロット城に戻りたい騎士は、瞬時にキャメロット城に移動できます。移動後、キャメロット城にいる騎士の数だけ白カードを引いて、自由に配分します。

Fate(宿命)

このカードをプレイすると、生きている騎士は全員白のカードを一枚引きます。
また、裏切り者の場合、このカードを使用して、正体を明かした場合(明かさない場合には上記の効果)、他の騎士は、2枚カードを捨てます。この効果は、キャメロット城に攻城兵器が6つ、または円卓に剣が6本並ぶ前に使用してもかまいません。

Heroism(勇者)

このカードをプレイしたら、攻城兵器以外の好きなクエストに配置します。そのクエストに勝利した場合、追加で白の剣を1つ獲得できます。

Lady of the lake(湖の乙女)

このカードがプレイしたら、エクスカリバーのクエストのエクスカリバーのミニチュアを1つ自分たちの岸の方に移動します。このカードをプレイしたことで、エクスカリバーのクエストが成功した場合、エクスカリバーを得て、生命力を2回復します。
また、エクスカリバーのクエストの成功報酬は、クエストに参加している騎士が受け取ります(プレイした騎士を除く)。このカードはどこに居ても使用できます。

Merlin(マーリン)

以下の3種類から効果を選択します。
1)攻城兵器を取り除く
2)クエストの最後に置かれた黒のカードを取り除く(スペシャルカードを除く)
3)ピクト人かサクソン人のミニチュアを1つ取り除く

Messenger(伝令)

このカードをプレイしたら、自分の手札の白カードを最大3枚まで選び、それぞれ好きなプレーヤーに渡すことができます。

Piety(敬虔)

以下の2種類から効果を選択します。
1)自分の生命力を3回復する
2)自分以外の騎士の生命力を1回復する

Clarvoyance(未来視)

このカードをプレイしたら、黒のカードの山札を上から5枚引き、好きな順番に並びかえて、山札に戻します。引いた黒カードの詳細については、他の騎士に話してはいけません。

Reinforcement(増援)

以下の2種類から効果を選択します。
1)白のカードを4枚引く
2)自分以外のすべての騎士が白のカードを1枚引く

円卓の騎士たちの能力

騎士にはそれぞれ特殊能力があります。

アーサー王(赤色)

アーサー王がいる場合、スタートプレーヤーはアーサー王からとなります。
アーサー王は、自分の手番に1回だけ、他の騎士と白のカードを1枚交換することができます。他の騎士に公開しないように交換してください。アーサー王、騎士とも、好きなカードを交換できます。

ガラハッド卿(黄色)

自分のプレーヤーの行動フェーズに、スペシャル白カードを追加でプレイすることができます。ただし、スペシャルカードを2枚連続で使うことはできません。つまり、スペシャル白カードをプレイしたら、他の行動を行う必要があります。

パーシヴァル卿(白色)

自分の悪の進行フェーズの開始時に、黒のカードの山札の一番上にあるカードを見て、山札に戻します。その後に、悪の進行フェーズのアクション(黒カードを1枚引く、攻城兵器を1つ配置、生命力を1つ失う)を選択することができます。

ケイ卿(青色)

戦闘クエストに参加している場合、戦闘終了後(黒のカードと白のカードをオープンにして数字を比べた後)、追加で白の数字カードを出すことができます。数字カードであれば、どの数字でもOKです。同じクエストに参加していれば、他のプレーヤーの戦闘終了時にもカードを出すことができます。この効果は、攻城兵器を取り除くクエストでも使用できます。

ガウェイン卿(緑色)

円卓のクエストでカードを引く場合、3枚引くことができます。

パラミデス卿(黒色)

攻城兵器以外のクエストが成功した時、クエストに参加していれば、クエスト報酬に加えて、生命力を1回復します。

トリスタン卿(紫色)

自分のプレーヤーの行動フェーズに、円卓から他のクエストに行く場合は手番を消費しません。他の行動を行うことが可能です。ただし、移動を2回行うことはできません。

ベディヴィア卿(橙色)

自分の手番ならいつでも、1回だけ、手札の白カードを1枚捨てて、白カードの山札から1枚白カードを引くことができます。
※プロモーション用。

エクスカリバー、ランスロットの鎧、聖杯について

それぞれのクエストを成功された場合、エクスカリバー、ランスロットの鎧、聖杯を得ることができます。

エクスカリバーの効果

攻城兵器を含む戦闘クエストにおいて、白カードの合計の数字に1がプラスされます。
また、悪の進行フェーズで引かれた黒カード(普通の黒カードとスペシャルカードのどちらでも)をキャンセルすることができます。この効果は自分の手番でなくても発動することができます。ただし、キャンセルした場合は、エクスカリバーをゲームから取り除きます。

聖杯の効果

騎士の生命力が0になった時、聖杯をゲームから取り除くことで、その騎士の生命力を4にすることができます。自分だけでなく、他の騎士にも使用可能です。

ランスロットの鎧

悪の進行フェーズで黒カードを引く際に、2枚カードを引き、1枚を山札の一番下に置き、残った黒カードをプレイします。この効果は、裏切り者が発覚後、裏切り者が使用することもできます。

裏切り者について

キャメロット城に攻城兵器が6つ、または円卓に剣が6本並んだ後、プレーヤーの手番フェーズで、裏切り者を告発することができます。
告発1人の騎士につき、1回のみです。告発された騎士は、緑のカードをオープンします。

裏切り者ではなかった場合、円卓にある白い剣1本を黒の剣を1本と置き換えます。白い剣がない場合には何も起きません。

裏切り者だった場合、円卓に白い剣を1本追加します。また、裏切り者は、手札の白のカードと聖杯、エクスカリバーをすべて捨てます。また、騎士のカードを裏側にしてください。

裏切り者は、自分の手番に以下の行動をします。
1)他の騎士の手札から、ランダムに1枚選び、捨てさせます。
2)攻城兵器を1つ配置するか、黒のカードを1枚引き、効果を発動します。

裏切り者がバレなかった場合

裏切り者がゲーム終了までバレなかった場合、ゲーム終了時に白い剣を2本黒い剣に交換します。

その他の注意事項

・手札のカードの詳細について、他のプレーヤーに教えてはいけません。ただし、「黒騎士は俺に任せておけ!」などの宣言は可能です。
・白カード、黒カードのどちらかが無くなった場合、両方のカードを捨て札を加えてシャッフルし直します。
・プレーヤーの行動フェーズで、同じアクションを2回連続では行えません。
・マーリンを3枚使った黒カードのキャンセルは、黒のスペシャルカードしかキャンセルできません。通常の黒カードはキャンセルできないので注意。

キャメロットを覆う影

新品価格
¥10,980から
(2014/10/26 21:38時点)


About boardgamelove