High Society(ハイソサエティ)-iPhone・iPadカードゲームアプリレビュー


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

Reiner Knizia’s High Society

(ハイソサエティ)

得点カードを競りおとしていくカードゲーム。ゲーム終了時の得点で競うが、その段階で手持ちのお金が一番少なかった人は、得点争いに絡めないのが特徴。
1人用
¥360
iPhone・iPadアプリ。

ゲームルール概要

High Society(ハイソサエティ)は、最終的に競り落としたカードのポイントを競うカ­ードゲームです。

全員最初に持っているカードはお金です。それを使って中央の場に出たカードを競り落と­していきます。
カードには、プラスのものとマイナスのものがあります。プラスのものは、競りでお金を­もっとも高く提示した人がもらえます。マイナスのものは、もっとも低いお金を提示した­人がもらうことになりますが、その時に他のプレーヤーは競りに使用したお金が没収され­ます。

このゲームの最大の特徴は、最後の順位争いです。もっともポイントが多かった人が勝利­なのですが、その前に、もっともお金を使ってしまった人は順位争いに参加できず、ゲー­ムオーバーになります。

・流れ
山札から、カードを引きます。
落札金額を手札から選択肢て出します。枚数は何枚でもOKです。または、パスを選択します。
次のプレーヤーは、前のプレーヤーよりも高い金額を出すか、セリに参加しないことを決めます。
セリ落とした人に場のカードが渡ります。
次のカードへ。

・勝利条件
勝利点が多い人の勝ち。
また、手札のお金がもっとも少ない人は、その時点で負け。

プレイ動画

High Society(ハイソサエティ)のアプリを実際にプレイした動画です。ゲームの雰囲気が伝わればと思います。

レビュー

このゲームのキモは、勝利条件にあります。
お金をかけて競りで点数の高いカードを入手しても、最終的に一番お金の少ない人は負けになってしまうからです。
この勝利条件により、単純に、なんでもセリ落とせば良いというわけではないため、絶妙なバランスが生まれます。
早く手を引けば、相手が有利です。かと言って、ふっかけて自分が損しては意味がないため、競りの金額はかなり悩みます。
残念なのは、コンピュータ対戦しかできないところ。
実際に人とプレイしたら、かなり面白そうですヽ(´▽`)/〜♪

オリジナルのボードゲーム・カードゲーム


About boardgamelove