漢コレじろう、ベストフレンド、ブラックストーリーズ、ごきぶりポーカー、王さまのマカロン、Aozora farmをプレイ@友人宅


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

先日、友人宅でソーセージパーティーがあったので、漢コレじろう、ベストフレンド、ごきぶりポーカー、王さまのマカロン、Aozora farmをプレイしましたヾ(´ー` )ノ 構成は女性2名、男性2名。お酒ありあり(‾▽‾@)♪♪♪

漢コレじろうの感想とレビュー

漢コレじろうは、ダイスを振って出た漢字の旁と部首を組み合わせて新しい漢字を考える大喜利系のボードゲームです。
2014-11-23 19.22.05
「犬+宝」で花咲か爺さんなど、人によっていろいろな発想が生まれて楽しかったです。
やはり最初のつかみで、軽くプレイするにはちょうど良い感じだなあと感じました。元になっている漢コレよりも持ち運びがしやすいので、個人的におすすめのボードゲームですヾ(´ー` )ノ

ベストフレンドの感想とレビュー

ベストフレンドは、山札からお題カードを引いた人(出題者)が、気に入る内容(回答)を考えるパーティー系のボードゲームです。
2014-11-23 19.51.59
友人とプレイするのは初ということで、どうなるかなあと思いましたが、予想以上に盛り上がりましたヾ(´ー` )ノ
ゲーム本体とは別に紙とペンが必要になるので、ペンを忘れるとプレイできないので注意してください。今回、私はペンを用意していたのですが、5色のペンを買ってしまいました。ベストフレンドは誰が書いたかわからない中で、出題者が回答を選ぶ必要があるので、色がついているとダメなんですよね。失敗失敗。今回は友人宅にペンがあったので、問題なかったのですが、ご注意ください。

また、拡張版の夜のベストフレンドもプレイ。
2014-11-23 20.20.10
こちらも盛り上がりましたが、お題がもう少し偏っていても良いかなあという印象。以外に普通のお題が多く入っているので。
あと、お酒を飲みながらプレイするのが楽しいと思います(‾▽‾@)

今回プレイした中では、ベストフレンドがかなり好感触でした。他のボードゲームやカードゲームも好印象でしたが、ベストフレンドが面白かったという意見が一番多かったです。

ブラックストーリーズの感想とレビュー

ブラックストーリーズは、表に書かれた問題をみんなで解く推理カードゲームです。お題の裏には答えが書かれており、1人がゲームマスターとなり、みんなからの質問にYes、Noで答えていきます。
例えば、お題はこんな感じです。
2014-11-24 18.23.11
事件の概要がざっと書いてあり、どうしてそのような状況が起きたのかを推理していきます。
実際にプレイしたのは初めてだったのですが、盛り上がりつつも結構難しいなあというのが個人的印象です。サクサクプレイできるかなあと思っていたのですが、1問1問を解くのに結構時間がかかり、かなり考えるので、連続でプレイは大変かも。
今回は4人で遊んだので4つのお題をやりましたが、私が2問正解まで導くことができました(^▽^喜)

プレイするときには連続でプレイするというよりも、ちょっとした空き時間にみんなでプレイするのが良さそうなゲームです。
今回、一緒に遊んでくれた方の評価としては、かなり良かったので、量の問題かもなあと。あと、問題によっても、難易度があるので、1回のプレイでは2問ぐらいが適当かもしれません。
あと、ミステリが好きな方には、おすすめのカードゲームですね。個人的にはかなり楽しめましたヾ(´ー` )ノ

ごきぶりポーカーの感想とレビュー

ごきぶりポーカーは、相手に8種類ある嫌な動物を押し付けるカードゲームです。手番の人は、手札から嫌な動物のカードから1枚選び、他のプレーヤーに伏せた状態で提示します。その時に、このカードは「xxです」と宣言して提示します。xxには、8種類ある嫌な動物の名前(カエル、ネズミ、コウモリ、カメムシ、ハエ、ゴキブリ、サソリ、クモ)が入ります。提示された側は、それに対して、Yes、Noで答えます。もし、正解だった場合には、カードを提示した側の手前にそのカードをオープンにして並べ、不正解だった場合には提示された側の手前にオープンにしてカードを並べていきます。最終的に、4枚同じ種類の動物が並んだら負けというゲームです。
ゲームとしてはブラフ系に入るのかなと思います。
2014-11-23 22.01.50
さて、こちらは序盤。まあ、良い感じで並んでいます。

このあと、私がクモ3枚とリーチ状態になるのですが、なんとか堪えていたところ、他のプレーヤーにもクモが3枚並びました!

よし、これはイケるかも!と思ったところに、私に「サソリです。」とカードが提示されてきました。

まあ、サソリは全然問題ないので、気軽に「Yes」と答えたところ、クモでした(>_<) 2014-11-23 22.14.38
また、負けたー(ノ_・、)
個人的にごきぶりポーカーはかなり弱い方で、よく負けます(笑)
でも、すごく盛り上がったので良かったです。
ごきぶりポーカーは、ルール説明をちょっと長めに書いてしまいましたが、基本的にはシンプルなゲームです。手札から出されたカードに対してYes、Noを言うだけなので。他にちょっと細かいルールはありますが(カードを見るなど)、自分ができる選択肢がわかりやすいので、誰でもプレイできるおすすめカードゲームですヾ(´ー` )ノ
また、大ヒットゲームですので、Amazonなどで手に入りやすいのも特徴です。
メビウス ごきぶりポーカー
欠点があるとすれば、飲食店などでプレイしにくいことですね。同じゲームルールで、違うカードの絵柄でリリースされても良いのかなあと個人的に思ったりします。

王さまのマカロンの感想とレビュー

王さまのマカロンは、挟んだマカロンを取り合うボードゲームです。コマとなるマカロンがかなり良い感じ。
2014-11-23 22.21.34

ゲームは、2人用バージョンと4人までプレイできるバージョンがあり、今回は4人までプレイできるバージョンで遊びました。

2014-11-23 22.33.09
ゲームは最終的に女性の方が勝利。
ゲームとしては、戦略性がそこまで高いわけではないので、誰でも楽しめる内容だと思います。なので、ゲーマーの方にはちょっと物足りないかも。
あと、追加得点のルールは、お酒を飲みながらプレイしていると、ちょっと細かすぎて、覚えきれないなあという感じでした。何度もプレイして覚えていれば、いろいろと戦略性が増すのかもしれません。
ただ、マカロンは大好評でしたヾ(´ー` )ノ

カードゲーム「Aozora farm」の感想とレビュー

Aozora farmは、カードを交互に出していきながら、相手が出した数字カードを予測し、表になっているカブカードの数字を越えているかを予測する2人用カードゲームです。ちなみに、制作は私です(笑)
2014-11-23 22.51.55
2人用なので、今回は友人にプレイしてもらいましたヾ(´ー` )ノ
ゲームの評判としては、かなり好評で良かったです。自分からアクションを取らなくても勝てるという意見があったのですが、それが1つの狙いでもあったので、うまく機能しているなあという感じ。
このカードゲームは、誰でもプレイできるように、いろいろと考えて作ったものです。自分の出した数字がわかれば良いので、点字のシールを貼れば目をつぶっても遊べますし、相手の表情や動作を読めば耳センをしていてもプレイできます。複数の色を使っているわけではないので、色がわかりにくいということもありません。また、単純な数字の足し算ですので、小学生でも遊ぶことができます。
今はネット販売はしていないのですが、購入ご希望の方は@boardgameloveまでご連絡ください。非常に私が喜びます(^▽^喜)
カードゲーム「Aozora farm」に関しては、こちらのページをご覧ください。

余談

今回、ゲームとは別に嘘発見器「ココロスキャナー」を使って遊びました。
通常は緑色なのですが、動揺すると赤くなるというおもちゃです。いろいろな質問をして、赤くなったときは、かなり盛り上がったので、みんなで集まった時のネタとしては最高だと思いますヾ(´ー` )ノ
例えば、
「愛より金だ」とか、「本当はxxさんがウザい」など、
急にエッジの効いた質問をすると赤くなるので、盛り上がります。
おもちゃなので、あくまで参考程度ということで、仲の良い人たちと遊ぶと良いと思います。注意点としては、ネタですので、本気にしすぎないようにすることかなあと。

ココロスキャナー

新品価格
¥1,963から
(2014/11/24 19:00時点)


About boardgamelove