ボードゲームニュースメモ201412


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

個人的に気になったボードゲームニュースのメモ201412。主に海外の話題です。

Building Board Games with Ruby – Yonatan Bergman – Golden Gate Ruby Conference 2014
プログラミング言語Rubyでボードゲームを作るという話。ここでも、ボードゲームが復活しているって話が書いてあるなあ。

MONOPOLY RAP | Dan Bull – YouTube
モノポリーラップ(笑)
ぜひ、一度聴いてみてください(^▽^喜)

Northlanders launch music board game | Northland’s NewsCenter: News, Weather, Sports | NBC, CBS, MyNetworkTV, and The CW for Duluth MN / Superior WI | Local News
Bravissimoという音楽をテーマにしたボードゲームが紹介されています。
スクリーンショット 2014-12-28 11.19.24
Facebookのページ「Bravissimo Music Game」を見ると、譜面を学べるみたいなことが書いてあります。ゲームレベルも変えられるようです。
また、2015年にキックスターターで資金調達も考えているみたい。海外ではいろいろなサイトで取り上げられているので、来年ブレイクしそうです。
個人的にかなり気になってます。

A selfie themed boardgame is now a thing that exists
自画撮りをテーマにしたボードゲーム。海外の人は、発想が豊かですね。
結構話題になっています。
かなり大手のニュースサイトDaily Mail Onlineでも、
The perfect Christmas gift for Kim Kardashian: The first Selfie board game goes on sale | Daily Mail Online
というのがありました。流行っているのかな。

Board Game Helps Fight Real World Ebola
Twitterのツイートでも見かけましたが、ボードゲームのパンデミックが、エボラの理解を深めるのに一役買うという話です。
パンデミックは、世界に広がったウィルスを退治する協力型のボードゲーム。個人的にもっとも好きなおすすめボードゲームです(^▽^喜)
パンデミックをプレイすると、アウトブレイクやエピデミックの怖さを感じることができます。あくまでボードゲームなので、実際に体験するのとは異なりますが、その恐ろしさはを知ることはできるので、個人的にも良いんじゃないかなと思います。

パンデミック:新たなる試練 日本語版

新品価格
¥3,736から
(2014/12/28 11:54時点)

Inventor takes Zombies to school in new stealth maths board game | Latest news from the toy industry | ToyNews
City of Zombies(シティオブゾンビーズ)というボードゲームの紹介記事。協力型のタワーディフェンスのようなゲームらしいのですが、暗算のテスト要素が入っており、イギリスのオックスフォードシャー州の学校の子供たちに人気だそうです。
これも知育系のボードゲームですね。ゾンビがテーマのボードゲームというのは、個人的にも興味津々。

Gold Award-winning Stone Age: The Board Game gets a rock bottom price for a limited time | Stone Age: The Board Game news | iPad | Pocket Gamer
ボードゲームのストーンエイジのアプリ「Stone Age: The Board Game」がGold Awardをとったようです。個人的にあまりプレイできてないので、今度改めてプレイしてみようかと思います。

BattleLore: Command – Fantasy Flight Games
前から気になっていたターンベースのストラテジーゲームBattleLore: Commandがリリースされました。あとで詳しくみようかなと。

Board game gets Royster students excited about geography – The Chanute Tribune: News
地理学科の学生がカタンにハマるという話。授業の一環としてプレイしているようです。
気になったのは、記事の写真が女性ばかりという点(笑)

Truro students develop new board game | West Briton
事業開発をテーマにしたボードゲームを学生が制作したそうです。
海外では、学生がボードゲームを作ったという話が非常に多いですが、そういえば日本ではあまり聞かないかも。
もしかすると、日本のボードゲームの普及には、大学生がボードゲームを作るというのは、アプローチとして面白いかもしれませんね。

Carcassonne(カルカソンヌ)にWinterという追加エキスパンションが追加されましたね。

アイコンも冬バージョンで良い感じです。

Engineers of the future test new boardgame – Donside Piper and Herald
石油や天然ガスなどを運ぶ「パイプライン」をテーマにしたボードゲーム。学校の教育の一環として取り入れられているようです。

Clever Move – 11 Great Anagrams of Board Game Titles
ボードゲームのタイトルをアナグラムで変換して面白かったものを紹介しているようです。アナグラムとは、文字を入れ替えて別の意味にするという遊びです。
アナグラム – Wikipedia
ミステリ小説などのネタとして良く使われることが多いですよね。
こういう遊び、個人的に好きですヾ(´ー` )ノ

Get in Gear with Goblins vs Gnomes – Now Available! – News – Hearthstone
トレーディングカードゲームのHearthstone(ハースストーン)に、エキスパンションが追加されましたね。
Hearthstone(ハースストーン)は、無料でプレイできて、追加課金かゲーム内で稼いだお金でカードパックを買う方式です。PCでもiPadでも、Androidのタブレットでもプレイできます。
私は、主にiPadアプリの「Hearthstone: Heroes of Warcraft」をプレイしています(^▽^喜)
1ゲームが10分〜20分ぐらいなので、サクサクプレイできますし、ゲーム内のお金を稼げるデイリークエストがあるので、気長にプレイすれば、結構カードが集まりますよヾ(´ー` )ノ
参考:Hearthstone: Heroes of Warcraft(ハースストーン)-iPadカードゲームアプリ

Doggone board game helps Leighton students in Aurora learn personal financial literacy – Aurora Advocate | Aurora, Portage County, OH
金融リテラシーを学べるモノポリー風のボードゲームをthe Aurora Schools Foundationが制作したそうです。
日本ではこの手のボードゲームって少ないですよね。選挙をテーマにしたMAYOR(メイヤー)とかは、似ている系列のような気がします。
個人的に今後、この手のボードゲームが日本でも増えてほしいなあと思ったり。知育をテーマにしたボードゲームでそのうち記事書いてみようかな。

Daytrader: A Financial Board Game » Design You Trust. Design and Beyond.
Daytraderという株式をテーマにしたボードゲーム。ちょっと気になってます。
カバンのコンポートが良い感じ。

Is the board-game revival down to computer games’ popularity? – podcast | Technology | The Guardian
海外のテクノロジー系サイトで、「コンピュータゲームの人気がボードゲームの復活を促すか?」という内容のポッドキャストがありました。英語なので、内容は聞いていないのですが、もし聞いていた方がいたら、内容をざっくり知りたいなあーとか。
知っている方がいたら、@boardgameloveまでご連絡くださいヾ(´ー` )ノ

Flood risk management board game Inundo | Andy Philipp’s Hydrology Blog
洪水のリスク管理をテーマにしたボードゲーム。こういう視点は面白いなと思います。
日本だと、地震と台風をテーマにしたボードゲームがあっても面白そうです。
単純に都市計画的なものでも良いですし、自分の家をテーマにしても楽しそうですね。
今度、考えてみようかな。

My favourite board game: our writers pick their table-top treasures | Technology | The Guardian
イギリスの大手新聞社のWebサイトtheguardianのライターが選んだ好きなボードゲームという記事。Dixit、Terror in Meeple City、The Rivals for Catan、Jenga、Guess Who、Shithead、Snake Oil、Kingdom Builder、Magic: the Gathering、Space Cadets、Android: Netrunner、Ticket to Rideが挙げられています。
私の個人的なおすすめは、ボードゲーム購入リストで紹介していますヾ(´ー` )ノ
そのうち、いろいろなシーンに合わせたおすすめボードゲームをまとめたいなあ。

Start your own board game collection – our pick of the best titles | Technology | The Guardian
同じく、theguardianから「最初に買うボードゲームは何が良いか?」という記事。
この記事で、ラブレターが紹介されていますヾ(´ー` )ノ
もはやラブレターは日本のボードゲームというよりも、世界のボードゲームという感じですね。

ラブレター

新品価格
¥1,718から
(2014/12/28 10:40時点)

Win Downton Abbey board game – Get Surrey
イギリスのテレビドラマシリーズ「ダウントン・アビー」をテーマにしたボードゲームがリリースされたようです。
ダウントン・アビー 〜貴族とメイドと相続人〜 – Wikipedia
この手のアプローチは海外では多いですよね。個人的にボードゲームとして面白かったのは、ゲーム・オブ・スローンズというファンタジー系のテレビドラマシリーズのA Game of Thrones The Board Game(ゲーム オブ スローンズ ボードゲーム)です。
以前に、ぼどばら!のボードゲーム会でオオハシさんとプレイしました。ゲームは、ディプロマシーのような感じですが、ディプロマシーよりも短い時間で遊べます。

Do Not Pass Go, Do Not Collect $200 … Instead, Collect Ore | Only A Game
Spielboundというボードゲームカフェの話。
ここでもアナログゲームの市場は大きくなっていると書いてありました。日本で海外のボードゲームが縮小しているという話が流れてたけど、ソース知りたいなあ。

Clever Move – 8 Board Game Skills That You Will Use on Thanksgiving
サンクスギビングデーに使える8つのボードゲームスキル。交渉とか、資源管理とか、ワーカー配置などのスキルが使えると書いてあります。
ちょっとこじつけ的なところはあると思いますが(笑)、記事のアプローチは面白いなあと。
あと、いろいろな職業やシーンでのボードゲームスキルネタを集めたら結構面白いかも。

Warner Robins native creates dinosaur board game | The Sun News | Macon.com
恐竜をテーマにしたボードゲームを作ったそうです。
そういえば、ボードゲームってモンスターはいっぱい出てきますが、恐竜って少ないかも。


About boardgamelove