ボードゲームニュースメモ201407


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

個人的に気になったボードゲームニュースのメモ201407。

African board game in city museum one of best in Britain
アフリカ発祥のボードゲーム「マンカラ」がイギリスの美術館で展示されているそうです。
記事の写真がとても良い感じです。

Star Realms – Google Play の Android アプリ
デッキ構築型カードゲーム「Star Realms(スターレルム)」。2人対戦用。
ダウンロード無料で追加課金タイプ。
iPhone版もそのうち出る模様。出たら、とりあえず遊んでみようかと思います。
参考:ゲームレビュー:Star Realms|EL-CO|note

3D printed Cyvasse is Game of Thrones for the board game geek – CNET
3Dプリンタは、やっぱりボードゲームと相性が良さそう。あとミニチュアゲーム。
このゲームはチェスみたいなルールのゲームだそうです。

将来的に、凝ったコマが増えそうだなあ。

Board Game Seeks to Transform Supply Chain
サプライチェーンについて学べるボードゲームだそうです。

【コラム】なぜゲームにおけるエンジョイ勢とガチ勢は分かり合うことができるのか。: 非電源ボードゲームで未来のゲームを妄想する
興味深いです。
個人的には、ガチ勢というのは、エンジョイに包含されている概念だと思っているので、その認識ができれば、わかりあえるんじゃないかなあと思ったりしています。
ただ、エンジョイ勢同士でもガチ勢同士でもわかりあえないこともあるので、難しいのかもしれません。
結局のところ、エンジョイ勢・ガチ勢というのは、人間の主観が強く、定性的なものなので、良い悪いもないですし、正しい正しくないもなくて、価値観が違うという話なのかなと。
で、その価値観の違いを認識するだけで、たぶんゲームをもっと楽しめるんじゃないかなあとか。
日本の場合、単一民族であったために、暗黙の了解的なことが多く、いざ実際に合意形成をしようとするとぎこちない感じになりそうだなあと個人的に思ったりしました。

A musical play based on board game Cluedo – Hindustan Times
推理ボードゲームCluedo(クルード)をベースにしたミュージカルが行われたようです。
Cluedo(クルード)と内容がほぼ同じClue(クルー)は、映画「殺人ゲームへの招待」にもなっていますね。ミステリは映像化しやすい気もします。
Cluedo(クルード)は犯人、凶器、殺害場所を当てるゲームで、個人的におすすめのボードゲームです。私は、古いClue(クルー)の方を持っていて、たまにプレイしています。

Want to Learn to Code? There’s a Board Game for That.
プログラミングのコードを学べるCode Monkey Islandというボードゲームだそうです。

コンポーネントがすごく良いですね。一度遊んでみたいなあ。

Kim Kardashian gives Kanye West a BOARD GAME for his 37th birthday
ハリウッドセレブのキム・カーダシアンが夫の音楽プロデューサーカニエ・ウェストの37歳の誕生日にボードゲームをプレゼントしたという話みたいです。プレゼントしたボードゲームはオリジナルのモノポリーのようです。
私はお二方とも存じ上げていないのですが、ボードゲームをプレゼントするというのは良いなあと。

Dine and play in a new mecca for boardgame enthusiasts in QC | SciTech | GMA News Online
フィリピンのケソン市 (Quezon City) にあるLudo: Boardgame Bar & Cafeの紹介記事。
ふと、ボードゲームのタイトルが入っている点。日本だとCafe MEEPLEが思い浮かびました。
で、日本のボードゲームができるカフェやバー、ボードゲームの販売店ってあまりボードゲームを連想させない名称が多いなあって。
ゲームって入ってはいるのですが、もっとストレートな感じでも良いのかもと。
たぶん、商標等の権利の関係もあるのでしょうが、人狼は使えると思いますし、ゲームのタイトルを入れるのはアリなんじゃないかなあって。
将棋会館道場とかわかりやすいなと。
久しぶりに将棋指したいなあ。

・ワンナイト人狼のiPhoneアプリ
Twitterを眺めていたら、ワンナイト人狼のiPhoneアプリがあるというツイートが。

少し気になりましたので、個人的にワンナイト人狼 作者の方に確認したところ、公式のものではないことを確認いたしました。

最新情報については、公式サイトのアナウンスをご覧下さい。
 
個人的な追記


追記:他の法律で守る場合、ルールのパクり自体が論点にならない場合があります。


追記:ルールのパクり自体が論点にならないとすると、専門家の先生だったら、もっと出てくるだろうなあということです。


追記:だから、人生に致命的なダメージを負うことになる可能性があるのです。

 
Library hosts board game workshop | www.daytondailynews.com
ちょっと前の話ですが、図書館がボードゲームワークショップを主催したそうです。
日本でも図書館のあり方が段々と変わってきていると思うので、ぜひボードゲームを取り入れて欲しいなあと個人的に思っています。
遊ぶときの声がうるさいという話も出てきそうですが、子ども達のために、ある一定時間だけ開放するというような運用でも良いのではないかなあと。
で、ボードゲームが終わったら、本を読むという流れにすれば、子ども達が本に触れる機会が増えるのではないでしょうか。

Get A Clue With Our ‘Veronica Mars’ Board Game – MTV
ヴェロニカ・マーズという海外テレビドラマのボードゲーム。
Clue(クルー)が元になっているそうです。Clue(クルー)は推理ゲームなので、ミステリ系の小説やドラマなどとの相性が良いですよね。シャーロックホームズ版や名探偵コナン版なども出てましたし。
他にもいろいろと出して欲しいなあと個人的に思ったり。

Robots On The Line Board Game Launches On Kickstarter (video)
六角形のタイルを使ってロボットを作るボードゲームのようです。めっちゃ面白そうヾ(´ー` )ノ

New Board Game Tells The Story Of Mackinac Island | Interlochen
マキノー島を舞台にトレジャーハンティングをテーマにしたボードゲーム。まだ市販はされていないようです。
このボードゲームはマキノー島をもっと知ってもらうために作られたそうです。海外では、地域をテーマにしたモノポリーなども数多くリリースされていて、観光地のPRとしてボードゲームを使う例がいくつも見られます。
日本でも、観光地のPRを目的にしたボードゲームがもっとあっても良いのかなあと思ったり。
すでにいくつか案は思い付いたので、今度、個人的にいろいろと考えてみようかな。

Jenga for Giants: Heavy Equipment Operators Play Largest Board Game | Washington Free Beacon
巨大ジェンガをプレイしたよ!って話。

私が知っている中で一番大きい気がしますヾ(´ー` )ノ
 
Risk Board Game Coffee Table: World Domination at Your Feet
ボードゲームのリスク専用テーブル(笑)
これは面白いアイデアだなあって思いましたヽ( ̄▽ ̄)ノ
リスクの場合、世界地図なので、インテリア的にも良さそうかなあって。
 
How to Get More Instagram Likes: This Board Game Has the Secret | Bustle
iPhone・Androidアプリのインスタグラムとボードゲームを組み合わせたという話。ライクなどをすると1マス進み、次の指示に従うという内容の模様。
ボードゲームというよりも、インスタグラムのチュートリアル的で、オリエンテーションに近いかなあと思いました。でも面白いですねヾ(´ー` )ノ
 
バックギャモンにおける運
プロの勝負師が語る「運」の秘密という話が紹介されています。ムーというのが気になりますが、読んでみたいなあ。
 
手で触ってみんなで遊べる、iPadを使った子供用のパズルゲーム「Osmo」
子ども向けパズルゲーム。

iPadのカメラ部分のアタッチメントが素晴らしいですね。ボードゲームにも使えそうなアイデアです。
 
「カタンの開拓者たち」が充実する究極のコレクターズボックスやゲームボードなどを製作するプロジェクトが進行中 – GIGAZINE
これはヤバいヾ(´ー` )ノ

Dungeon Heroes: The Board Game – Gamelyn Games
Dungeon Heroes(ダンジョンヒーローズ)という同名のボードゲームのiPhone・iPadアプリ。
¥400

冒険者側と冒険者を倒す側に分かれて戦うゲームのようです(私は未プレイ)。

ちょっと調べてみると不具合がいくつか出ているようです。
レビューは少し落ち着いてからしようかと思います。


About boardgamelove