今のボードゲーム業界って変な熱を持っている気がするのは私だけ?


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

というのも、今のボードゲーム業界って変な熱を持っていて、ボードゲームとして面白いのか? 一緒にプレイする人が面白いのか? がわかりにくくなっています。

「面白ければ何でも良い」という意見には賛成で、個人的には面白いことが増えるのは良いと思っています。

ただ、面白くないと言えない状況が生まれているのも確かかなと。

海外のボードゲームでも、面白いものとつまらないものがあって、淘汰されたものが日本に入ってきます。しかし、日本国内の場合では、その選別がうまく機能していないことも多いかなあと。

個人的に「◯◯さんが作ったから面白い」という感覚は苦手で、それって考えることを放棄してるからです。

で、別にそれはそれで個人の主観なので、私がとやかく言うことではないのですが、それが業界のスタンダードとなってしまうと、本当に面白いボードゲームが埋もれてしまう可能性があるのではないかと思っています。

あくまで個人的な主観ですし、取り越し苦労のような気もしますが(笑)


About boardgamelove