私がつまらないと思っているボードゲームは、他の誰かにとって最高のボードゲームかもしれない


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

ボードゲームには、面白いボードゲームとつまらないボードゲームがあると個人的に思っています。

では、つまらないボードゲームとは何だろうと個人的に突き詰めていったところ、

つまらないボードゲームとは、嫌いなボードゲーム

に行き着きました。

ボードゲームを「嫌い」になる理由としては、盛り上がらなかった、空気が悪くなった、ゲームシステムが破綻していた、勝てなかったなど、様々ありました。

「つまらない」「嫌い」というのは、人間の感情です。同じ「つまらない」でも人によって程度が異なりますし、同じボードゲームをプレイしても「面白い」と感じる人もいるのです。人間ですから、好き嫌いが出るのは当然ですよねヾ(´ー` )ノ

そのため、「つまらないボードゲームは絶対評価や定義が難しい」と考えています。

ゲームシステムに欠陥が合った場合は別だろうという意見もあるかもしれません。しかし、それを含めて面白いと感じる人もいますし、それをローカルルールで補正して、楽しんでいる人もいます。

結局、ボードゲームの面白さはプレーヤーに依存してしまうと私は考えています。私はそれをボードゲームの相性と呼んでいます。

個人的にボードゲームを人に薦める時には、この相性に一番注意しています。

具体的には、私がボードゲーム初心者の方とプレイする時に、参加者が面白いと感じるボードゲームを考えてチョイスしています。

そして、参加者の方が面白いと思えるなら、私が嫌いなボードゲームをチョイスすることもあります

私がつまらないと思っているボードゲームは、他の誰かにとって最高のボードゲームかもしれないからです。私はそのボードゲームの出会いをつぶしたくないと、いつも思っています。

まあ、ボードゲームの選択はとても難しいので、失敗も多いですが(>_<)

ちなみに私が嫌いなボードゲームは、全然勝てないウソをつくゲームや運要素が強いゲームです(笑)

追記
このエントリでは、敢えて「嫌い」という言葉を使っていますが、正確には苦手が正しいです。詳しくは、
嫌いなボードゲームはないけど、苦手なボードゲームは一杯ある
をご覧下さい<(_ _)>


About boardgamelove