ゲーム探検隊-改定新版-を買う


【PR】広告掲載のお問い合わせはこちら

先日参加したなかよし村とゲームの木 第28回新年ゲーム会で、草場純さんからおすすめいただいた「ゲーム探検隊-改定新版-」を買いました(‾▽‾@)♪♪♪

Amazonでは、在庫が最後の1つだったので、かなりラッキーだったなあとヾ(´ー` )ノ

そんなわけで、ゲーム探検隊-改定新版-を読み始めました。

ゲーム探検隊-改定新版-の感想とレビュー

まだ、全部は読んでいないのですが、非常に読みやすい内容です。

最近、もっぱらルールズ・オブ・プレイを読んでいたからかもしれませんが(笑)

ただ、本書は、「ゲームの面白さを解き明かす知的ガイドブック」と帯に書かれているように、ゲームについて考える入門書としては、とてもわかりやすい内容だと思います。

ルールズ・オブ・プレイは、定義について厳密に検討していきながら、ゲームシステムというものを分解していく内容に対して、ゲーム探検隊はゲームの面白さとは何か? について考えるきっかけとなる考え方を紹介している本と言えます。

細かな定義について考える前に、そもそもゲームの面白さってどんなところにあるんだろう? という感じです。

ボードゲームをプレイする方よりも、ボードゲームを作る制作者側の方は一度目を通しておくと、ゲームの基本的な部分について、再認識できるのではないかなと思います。

本書は、1989年に出版されたゲーム解説書の復刻改訂版で、もともとの書籍自体は、ほぼ手に入れることは難しいですが、ゲーム探検隊-改定新版-については、探せば見つかると思いますので、ぜひ見かけたら手に取ってみてはいかがでしょうか?

ルールズ・オブ・プレイなどを読んでいる方にとっては、優しい内容かもしれませんが、まだルールズ・オブ・プレイなどのゲームシステム本を読んだことがない方であれば、最初の入門書としては、示唆に富んでいる良書だと思います。

ボードゲームをプレイすることが好きな方には、あまり向かないかもしれませんが、ボードゲームを違った視点で見ることができるので、さらっと目を通しておくと、ボードゲームをプレイするときに新たな発見があると思います。

というか、個人的にルールズ・オブ・プレイもそうですが、ゲームを作るだけでなく、ゲームをプレイするときに、今までになかった発見が非常に多くなるので、ゲームそのものに対する解説本は、すごく面白いです(^▽^喜)

また、ゲームそのものについて解説している日本語の本って意外とというか、ほとんどないので、貴重だなと感じています。

ゲーム探検隊-改訂新版-

中古価格
¥4,980から
(2015/1/9 23:41時点)


About boardgamelove